キネシオロジー/スリーインワン&レイキ                          from シドニー 時々日本
「二つの心」を持つようになる? 左右の脳が分離されたらどうなるのかを示す興味深い実験結果

右脳と左脳を繋ぐ脳梁が、左右脳の情報をやりとりし私たちは一つの事をおこなっている。
例えば、左目で見ている物は右脳に情報が入るが、右脳は言語化できないため、脳梁が繋がっていないと、見てわかっていても、言葉に出来ない事になるらしい。

記事では、

非常に稀なケースだが、分離した右脳の言語機能が発達したことで有名な患者ポール・Sはまさに右脳人格と左脳人格という「二つの心を持つ男」だったそう だ。「大人になったら何になりたい?」という質問に対して、右脳は「カーレーサー」と答え、一方で左脳は「製図者」と回答したのだ。

さらに

また、子どもの頃のいじめられた体験について、ある分離脳の男性に尋ねたところ、左脳は「もう気にしていない」と回答したのに対して、右脳は「まだ怒っている」と答えたという例もある。

も一つ。

そして最も有名な分離脳の患者の一人は左手では自分の妻を憎んでいると書き、身体の左半分が妻を叩こうとするのに対して、右半分がなんとか左半分の行動を抑えつけようとしたという。複雑な感情を処理する際に右脳と左脳で異なる解釈をした結果、行動が非常に混乱したものになったのかもしれない。

つまり、脳梁の繋がりが良くないと、右脳と左脳が情報のやりとりをしないため、一人の中に2つの心が存在するような状態になるらしい。

上の2つめの話など、スリーインワン的に言うなら、やはりしっかりと左右前後の筋反射を、注意深く取る必要があるよねと思ってしまう。
左右の腕が別の答えを出すことは、実際にセッションの中でも少なからずあることで、軽く見過ごさず、じっくり話を聞いてみると何かしら出てきて、興味深いなぁと思っていた。
それが、この記事を読んでいると、やはり左右脳は別の考えを持っているんだと、確信した。

さらに、構造/機能的に言うなら、顔の左右差が大きい人については、なお要注意かも!?

関連記事
スポンサーサイト

【2012/01/04 00:50】 | キネシオロジー
【タグ】 キネシオロジー    
トラックバック(0) |


YUKI@BRASIL
うーん、興味深い!
やっぱり人って面白いなぁ。。
スリーインワンって理にかなってるんだなぁ。
って思います。
暫くブラジルにいてスリーインワンが恋しい~。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うーん、興味深い!
やっぱり人って面白いなぁ。。
スリーインワンって理にかなってるんだなぁ。
って思います。
暫くブラジルにいてスリーインワンが恋しい~。
2012/01/04(Wed) 10:21 | URL  | YUKI@BRASIL #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック