キネシオロジー/スリーインワン&レイキ                          from シドニー 時々日本
コメントに及ばず。

坂本龍一さんが、Twitterで紹介されていたそうです。
ちょっと目を離すと、見失うので、ご注意。


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/06/17 20:07】 | つれづれ
【タグ】 アート  
トラックバック(0) |

philogo

*****このワークショップは延期いたしました。
今後の予定などにご興味のある方は、
こちらまでご連絡ください。*****

PHI(コルテ) エッセンス プラクティショナー 養成講座


このエッセンスは、"フラワーエッセンス"を超えている・・・

*ドイツ 語ネイティブによる英語セミナーですが、ご希望の方には日本語テキストがつきます。
*お得な早割は、6月末まで。


講師 : アンドレア・コルテ   PHI Essences創始者
ベーシック :8 28 29 10:00am-18:00pm
アドバンス 8 3031 10:00am-18:00pm

*両方に参加された方には、Korte氏より、プラクティ ショナー認定サーティフィケートが発行されます。
会場: Crows Nest Centre

Level 2 - 2 Ernest Place Crows Nest NSW 2065

受講料: ベーシック:$462.00 (6月末までに全額お支払いの場合$420.00)
アド バンス: *$462.00 (6月末までに全額お支払いの場合$420.00)
一括 割引 $850.00 (6月末までに全額お支払いの場合$800.00)
早割以外は、 お申し込み時に$100.00/コース(返金不可)Depositを添えてお申し込みください。
*アドバンスは、ベーシック修了者のみ、受講していただけます

  Basic Course : 8月28-29日

ジェム(クリスタル)エッセンス を使った、チャクラバランス

飲む以外の様々な応用法

サボテンエッセンスによるストレスマネジメ ント法

ローズエッセンスによる感情へのアプローチ
イルカからのメッセージと、イルカエッセン ス瞑想法。

Advanced Course:

きのこのエッセンスによる、解毒とロワー チャクラへの働きかけ

アフリカン エッセンスによる背中のトリー トメント

オーキッド(ラン)による、ハイアー チャクラへの働きかけ

シーエッセンス(海の動物)

   痛みのトリートメント
 リフレクソロジーへの応用

       PHIエッ センスの創始者 アンドレア・コルテ氏がオーストラリア初来 豪。
医 師であり、ホメオパスでもあったバッチ博士によって創られたフラワーエッセンス。バッチ博士は花を切りボウルの水に浮かべ てエッセンスを作るのに対し、コルテ氏は花を切ったり傷めたりすることなく、クリスタルを用いることで、生きたままその波動を水に転写し、よりパワフルな エッセンスを作ります。

ま た、バッチ博士が開発した38種 のフラワーエッセンスに加え、ローズ、サボテン、マッシュルーム、オーキッド()、 アフリカンフラワーエッセンスなど花だけでも実にバリエーショ ン豊か。さらには、ジェム(ク リスタル)エッ センス、アニマルエッセンス、プラネットエッセンス、日本でも大人気のイルカやクジラのエッセンス。最近では、世界各地に出来るクロップサークル(ミステリーサークル)は宇宙からのメッセージ であり、その波動は次世代の子供達には欠 かせないものになると、すでに108を 超えるクロップサークルのエッセンスも開発しています。

フラワーエッ センスといっても飲むだけでなく、スプレーやクリー ムはもちろん、塗布する、綿棒でつぼを刺激するなど、使い方も 実 に様々でユニーク。このワークショップは、それらのワークたっぷりで、すでにエッセンスに馴染んでいらっしゃる方にも、波動ヒーリングの世界をさらに大き く広げてくれることでしょう。

ワー クショップは英語で行われますが、ドイツ語ネイティブのコルテ氏にとって、英語は第2外国語。オーストラリア に暮らす日本人にとっては、ネイティブの 英語を聞くことに比べれば、かなり楽な英語の聞き取りになると思います。日本語のテキストもご用意できることになりました。

      詳細はwebより→ 


--- Contact to ---
anote logo
Telephone:(61) 418 271 005
Email :Australian Note


Select Botanicals Maree Mansour
Telephone:02 9817 0400 Email : info@selectbotanicals.com.au

 

phi all

関連記事

FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2010/06/10 11:26】 | セミナー・ワークショップ
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲




出張や旅行に行くたびに思っていたことがある。

どこへ行っても、人は、同じように街をつくり、同じようにそこに生きている。

どこへ行っても、必ずそこに、そこの”日常”がある。

当たり前のようで、あまりに不思議だ。
時に、その景色をとても客観的に見てしまう。


この歌の「この街の物語になっていく
というフレーズが、たまらない。

そうなんだ。
そこで暮らすということは、「この街の物語になっていく」ということなんだ。
それが、ほんの少しの時間であれ、なが~い時間であれ。
誰がこんなフレーズを思いつくものか?

ある人は、
営業で初めての土地へ行くときは、あらかじめ調べておいて、土地の神社へお参りし、『この土地で仕事をさせていただいてありがとうございます』と拝んでから仕事に行くんですよ。」
と言った。言うは易しだが、毎回それを実行するのは、結構大変だ。
「でも、これを始めてからどんどん業績が良くなって来て、出会う人も変わってきたんですよ。」
レイキでも、地図で自分が営業に行くエリアにレイキを送ると良いと言われている。

ほんの一瞬でも、その街の物語に参加できるんだと思うと、あまりに素敵だ♪


この曲は、TVのドラマ「新参者」(原作 東野圭吾)の最後に流れてきて、3秒でやられた。
山下達郎であることはすぐにわかったけれど、「これはずるい」と思った。
1度聞いただけ頭をぐるぐるするメロディーだから。
今でもこんなメロディーを作れるのか、彼は!?と、改めて凄さを感じた。
久しぶりにCDを買ってみようかと思った。

が、ドラマで流れていたのは2番の歌。
“さよなら”は終わりじゃない、思い出は消せないから
これだけでも掴みは十分。

1番の詩を知って、もう一度衝撃を受けた。

路地裏の子供たちは、知らぬ間に大人になって
本当の愛のことを少しずつ知り始める


そして、
この街で生きていこう
この街で生きていくよ
物語は続いてく

どんなキャストが、入ろうが入るまいが、"物語"は淡々と続いていく。
そして、ただただ続いていくことそのものに意味があるのかも知れないと、少し、思った。

余談ながら、原宿でビデオに出てくるようなカフェに入った。
もう20年近く続けているという。
そう、時にこんな店を見つけることが出来ると、その街がぐっと好きになる♪

これから、この曲を思い出すと、新しい街をもっと楽しめる気がする。
関連記事

FC2blog テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

【2010/06/04 00:28】 | つれづれ
トラックバック(0) |