キネシオロジー/スリーインワン&レイキ                          from シドニー 時々日本

電車 Artarmon の駅の階段を下りて右に曲がると、知る人ぞ知る!? "Little Tokyo"(勝手に命名)がある。

日本食材スーパー「姉川」「ラッキーマート」「ふるほんや」「らーめん元気」「すしや」と、まぁ、かなり楽しい。
姉川・ラッキーマートには、いわゆる日本のお弁当があるし、姉川では、"フジ ベーカリー"の"焼きそばパン"やおまんじゅうも手に入る!

・・・・・・そんな話ではなかった(_ _)


そんな
"Little Tokyo"に、出没する「野良ターキー」。

私が最初に会ったのは、4月14日
友人の話では、さらにその一月前くらいから居ると言う。
駅から"Little Tokyo"へ向かう通路を、彼女(彼!?)は、いたって普通に歩いていた、一人で。

そして今日、"Little Tokyo"へ向かおうとすると、目の前を大きな黒いものが横切った!

ターキー

ん~、3ヶ月ぶり!

ずいぶんと人にも慣れたのか、おっとりとした足取りで、こちらへやってくる。

わ~い、アップで撮れるシャッターチャ~ンス!
と、カメラを取り出したそのとき、突然彼女はくるりと向きを変え、タッタッタと別の方向へ走り出してしまった。

見ると、近所の[Tempura]屋さんのオーナーが、天ぷらの端きれを振っていた。
見事ゲットして、満足そうにどこかへ持ってゆくターキー。
フィッシュフライだろうか?

ご飯を見たら走り寄ってくるターキー。
かわいいと言うか、何と言うか・・・
ちなみに、全長40cmくらい。

会いたい方は、是非、Artarmon "Little Tokyo"まで。
いつでも会えると言うわけでもないようなので、GOOD  LUCK!

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2008/07/23 22:05】 | つれづれ
【タグ】 日記  artarmon  アターモン  ターキー  
トラックバック(0) |

LOTUS HOUSEからの夕暮れ風景をご紹介します。
(クリックで拡大します)

黄昏080719-1  黄昏080719-2 黄昏080719-3

冬のシドニー。
昼間は、太陽が部屋の奥まで差し込み、暖房もあまり必要としない室内も、
5時を過ぎると、あっという間に陽が落ち、一気に気温が下がります。

いったん傾き始めた太陽は、目の前で、ゆっくりと、しかし確実に地平線に隠れてゆく。
そして、むしろ、太陽が地平線の彼方に隠れてしまった後に始まる、大パノラマの七変化。
決して、同じ瞬間を見せてくれることはありません。

暗さが逆のように感じるかも知れませんが、時刻は、写真の左から右へと流れてゆきます。

このひとときが、とても好きです。
この景色を前に、今日一日を感謝せずにはおられません。
そして、明日もよろしく、と。

ワライカワセミ1ふとベランダから下を見ると、木の枝で肩を寄せ合うクッカブラ(ワライカワセミ)が二組。
何とか、鳴くいている動画を撮ろうと待ってみたのですが、待っているうちに真っ暗になってしまいました。


ワライカワセミ クッカブラ

いつもつがいで行動する、クッカブラ。
2羽づつなので、鳴くと本当にうるさい(^_^;)
でも・・・ちょっと昔の「お笑い袋」のようでもあります。

鳴き声は、又いつかの機会に・・・

関連記事

FC2blog テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2008/07/20 21:59】 | つれづれ
【タグ】 日記  ワライカワセミ  
トラックバック(0) |

今朝、夢を見た。

高層マンションに住む友人宅へ遊びに行ったら、
目の前の空の雲の上で、イルカの一家が暮らしていた。

お父さんは時々意地悪で、お母さんを"うりうり"と雲の外へ追いやる。
すると、お母さんは雲の端からつるりと落ちてしまう。
泳ぐでも飛ぶでもなく、ただ、まっすぐに落ちてゆく。
しかし、悲壮な顔もしていなければ、慌てている様子もない。

そして、しばらく落ちると、何事もなかったようにふわりと空を飛び始める。それはまるで水中と同じかの様に、上下左右自由自在に、それはそれは気持ちよさそうに。

お父さんと子供も、雲の家から"つるりん♪"と降りては、自由に空を飛び回る。
その、雲からの上がり降りがまたかわいい。
あしかが氷からつるりんと海に入るように、雲からつるりんと降りる。
そして、ふわふわと、気持ちよさそうに、空を泳ぐ。

大急ぎでデジカメを取り出し、動画モードで撮影。
窓から見ているこちらに気づいたいるかちゃん達は、すぐ目の前を行き来したり、何度も雲に乗り降りしたり、シャッターチャンスをたくさんくれる。

それはもう、広大で、楽しいイルカショーだった。




目が覚めた。
残念ながら、手元のデジカメに映像が残っているわけはなく、残っているのは私の頭の中だけ。お見せできないのが、と~っても残念♪

あ~、楽しかった♪


雲の上のいるかの家は、永福町で見たツバメの家と同じような形だった。
そういえば、"空の泳ぎ方"は、ツバメに似ていたかも知れない。

昨日見た"グレートビギン"のなかで、水中ではすいすい泳いでいたイグアナのような動物が、陸に上がった途端、重力の影響を受け身体の重みで一気に動きにくくなる・・という映像に、「水の中はなんて楽なんだ」とイタク感動した。
こんな情報を脳が整理するときに、「お空の上の いるかの おうち」
になったような気がする。

すごいぞ、私の、脳。

今日は、何を見て寝ようかな~?

関連記事

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/07/12 21:59】 | つれづれ
【タグ】  日記    いるか  つばめ  グレートビギン  
トラックバック(0) |